教育

日本で生まれ育ったことにより、私は、日本では教育がいかに重要視されているかは身にしみて理解しています。子供に最高の教育を受けさせるためにすべてを犠牲にする親というのは、日本あるいは中国、韓国といった国に独特なものです。よって、私は、日本とオーストラリア間の関係を強めることで、教育の分野で双方に理想的な結果をもたらすことができればと考えています。

私自身、日本では慶応義塾大学を卒業し、オーストラリアではゴールド・コーストにあるボンド大学で、MBA と財政学の修士号を取得し、日本とオーストラリアの教育の恩恵を得ていると言えます。

MBAを取得後、ボンド大学及びボンド大学付属英語学校の国際マーケティング部長の職に就きました。世界各国からの留学生を募るのが職務ですが、日本出身ということから、特に日本からの留学生に関しては、すべての問題解決の窓口となっていました。学生、両親、日本の高校や大学の先生方からの相談、照会を取り扱う毎日でした。日本からの留学生が、費用と時間を費やしてオーストラリアで勉強した成果を日本への帰国後活用して成長して行くのを見守るのは、実に満足感を得られます。この職に就いて2年目にボンド大学は、エキスポート・アワードを受賞しました。

オーストラリアに移住することになった際、あるひとつの夢を持っていました。それは、日本の学生の英語力を改良することに何らかの貢献ができないかということです。それまでに日本で関わった様々な日本企業と外国企業との間の商談の際、残念ながら、日本人の英語力の乏しさは数多くの場で痛感していました。必死で大学受験勉強をこなし、一流大学を卒業して、一流会社に就職しても、一歩外国へ出ると後ずさりしてしまう多くの日本の会社員、そのような現状を改革する方法があるはずだと、常に考えていました。

また、ボンド大学でMBAのコースの勉強をした際にも、試験ではトップのスコアーを取る日本人学生がクラスでの発言は皆無に等しく、プレゼンテーションはオーストラリア人や他の国からの留学生に任せるのを目の当たりにし、歯がゆく思いました。

もちろん、英語力を伸ばすだけで、すべてが順調に行くものではありません。しかし、英語さえもできなければ、コミュニケーションはどうなるのでしょうか。私は、いつも、英語ができるかできないかは、頭の良し悪しではない。英語を話す国に生まれば、誰でも英語を話すのだからと、言い続けて来ました。

今後、英語を習得する必要性が更に自覚されるようになり、日本の学生がオーストラリアを留学先に選ぶ機会は増えると確信しています。それは、他の国と比べて日本との時差が少なく、また、比較的安全な国だからです。空気は澄んでいて、オーストラリア人はフレンドリーだというのが、訪れる日本人の一般的な印象です。ボンド大学の仕事をしていた際にも、ローカルの人たちや、ホームステイ先からも、日本からの学生は歓迎されていたのを記憶しています。

Scroll to Top